ワセダ技研は、「安全でおいしい水」づくりに取り組んでいます。

お問い合わせ お問い合わせ サイトマップ サイトマップ HOME HOME
トップページ > 営業品目 > [傾斜板沈降装置] ウノ式上向流傾斜板沈降装置の原理 ウノ式上向流沈降装置の原理
ウノ式上向流傾斜板沈降装置の原理
上向流傾斜板沈降装置断面図
図1 上向流傾斜板沈降装置断面図
ウノ式上向流傾斜板沈降装置は、図1に示すように原水が装置下端部から流入し、装置上端部へ流れる間に沈殿が完了します。処理水は、水面付近に設けられたトラフで集められます。
図2は、上向流傾斜板沈降装置内の粒子沈降概念図です。沈殿池内の原水の垂直上昇流速をVup、斜め上昇流速をV、粒子の沈降速度をVsとすると、O点から流入した粒子は斜め上昇流速Vと粒子の沈降速度Vsとの合成ベクトルV'の方向に流れ、C点で沈殿が完了します。従って上向流傾斜板沈降装置内に入った沈降速度Vsの粒子は、全て沈殿除去されることになります。
図2 上向流傾斜板沈降装置内の粒子沈降概念図
図2 上向流傾斜板沈降装置内の
粒子沈降概念図


▲ページトップへ